オペラでは欠かせない実力派テノール歌手・声楽家、勝又晃です。私の活動内容や公演予定、そのほかに日々のつれづれなる出来事を紹介いたします。

勝又晃のホームページにも、いろいろな情報を掲載しておりますので、よろしくお願いします

昨年、イタリアへ行った際に、友人の車でヴェローナ近くのワイナリーに赴いた。

そこで仕入れた素晴らしいワイン「アマローネ」これを日本へ持ち帰るのは至難の技。
しかし しかし わがイタリア在住のO氏が持ち帰ってくれた!!

素晴らしい芳醇な香りと,こく・・・

来年はスロヴェニア経由で立ち寄りたいな。

RIMG0131_convert_20150417221656.jpg
IMG_0424_convert_20150417221809.jpg
RIMG0124_convert_20150417221618.jpg

04/17|四方山話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
先日、ある知り合いのお宅にお呼ばれをした。

パスタ、チーズ、お肉、ワイン、どれをとっても すこぶる美味い本場イタリアンを満喫。
また 窓からの眺めが素晴らしい!あまりの景観にパチリ

RIMG0835_convert_20091029232019.jpg

G.P.O.のハロウィンです。
RIMG0811_convert_20091029232157.jpg
リサイタルの準備も着々と進んでいますが、チケットが足りません。
あと一ヶ月もあるのに・・
10/29|四方山話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
先日、お盆を利用しリサイタルの打ち合わせ等で地元に戻った。

市役所や市民会館の存在する場所は私の通った中学校も近い。
自転車を走らせ中学時代の夏休みを思い出していた。
夏休みといえば、部活動である。
三年間の夏休みの時間は全て吹奏楽部に費やされ、受験というのに 吹き出る汗を拭い 毎日のように学校へ通い コンクールを目指したのであった。
その学校の通学路には この↓道祖神(岩井先生作曲『詩曲道祖神』)のメロディーが聞こえてくるし

あの頃は

この かわいい教会は武満徹の『小さな空』の詩が脳内を巡る。

「夕空見たら 教会の窓の ステンドグラスが 真っ赤に燃えてた
いたずらが過ぎて 叱られて泣いた 子供の頃を思い出した」

SN3E0064_convert_20090818090529.jpg

天候不順であった今年の夏休みも あとわずかで終わりを告げる。

08/19|四方山話コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
先日、久しぶりに恩師のお宅にお邪魔しました。

恩師(生明慶二氏)は国際的に有名なダルシマー奏者のひとりであり、文化人類学者として音大で教鞭もとっておられるのです。
(*ダルシマーとはツィター属打弦楽器でアジアからヨーロッパ、さらに北アフリカまで分布している楽器で、バチで叩いて演奏する。ピアノの先祖といわれている。)
音色は・・みんなが良く知っているところでは、『犬神家一族のメインテーマ』『魔女の宅急便』など。あれは全部、恩師の演奏です。しかし、ただの演奏家ではなく音楽関係者との交流も幅広く、ゴダイゴ、久保田早紀、坂本龍一氏等との仕事の話が面白い面白い。
日本では数少ない戦後日本の音楽界の生き字引的存在であることには間違いありません。

師匠

同席したのは、元「XIE-XIE!」「KOJIMA」BASSプレイヤーのチャー坊氏。
07/26|四方山話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あれから21年か・・懐かしさのあまり飛び込み状態で・・・

朝、近所にある ひいきにしているパン屋に行くと、この公演のチラシが置いてあるではありませんか!
まさかっ!?と思い、よく見ると14日までやっているゾ!しかししかし・・行ける日は時間的に今日しかない。よ~し!

劇団「音楽座」との出会いは今から約30年も前のことでした。
知り合いから勧められた「ヴェローナ物語」。抱腹絶倒、爽快痛快 こんなに感動したミュージカルは経験のないことでした。それ以降 音楽座の公演は全て観劇し、劇団も形態を変えつつ 6年後ついに「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」が登場するのです。

21年ぶり

電話で当日券の有無を聞き、確認し、わくわくしながら席に付き開演を待っていると
開演チャイムがあの「ドリーム」ではありませんか!
そして開演。ドーンとティンパニーのドラムロール。序曲。それを聴くだけで脳は21年前にオーバーラップしていきました。

SN3E0036_0001_convert_20090611093631.jpg

配役はすっかり変わっていましたが、驚くことに舞台や衣装、台詞も当時のまま。
初演の主役を務めた佐藤氏(劇団の立ち上げメンバーでもある)五十嵐氏(この方も)新木さん、萩原氏等おなじみの面々も役を替えてのご出演。
進化せず進化を遂げている音楽座カンパニーに乾杯!!
06/11|四方山話コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

勝又晃

Author:勝又晃
テノール
国立音楽大学卒業。 田口興輔、故 中山純一、南條年章、松谷和紀、カルラ・ヴァンニーニ 各氏に師事。 日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター