オペラでは欠かせない実力派テノール歌手・声楽家、勝又晃です。私の活動内容や公演予定、そのほかに日々のつれづれなる出来事を紹介いたします。

勝又晃のホームページにも、いろいろな情報を掲載しておりますので、よろしくお願いします

ヴェネチアからモデナに戻り、明くる日には知人,友人の住むミラノへ。

モデナから国鉄で約2時間、北の都市 ミラノは雨模様。しかし、ヨーロッパの雨は風情があってまたよい。
ミラノ中央駅 ↓ 映画「ひまわり」ではアントニオをソフィアローレンのジョヴァンナが見送る辛い悲しい涙のラストシーンが印象的だ。
RIMG2190_convert_20110417230937.jpg

約500年の歳月をかけて完成したドォーモ。前回来た時には修復中だったなあ。

RIMG2168_convert_20110417225726.jpg

ヴィットーリア エマニュエーレ2世のガレリア。
RIMG2165_convert_20110417230039.jpg

前にも書いたが、この月はイタリア建国150年記念の年。おめでたや~っとはしゃぐイタリアおじさん達。
RIMG2164_convert_20110417230148.jpg

スカラ座と年間スケジュール。この日の演目はプッチーニの「トスカ」
SOLD OUT!残念・・
RIMG2157_convert_20110417225759.jpg
RIMG2155_convert_20110417225847.jpg


20年前 私がミラノ留学生だった頃、アルバイトをしていた「日本屋」を訪問。(随分お世話になったなあ・・)
オーナーのJINさん、奥さんの元日フィルのティンパニー奏者梅津さん。お世話になりました!
JINさんはミラノ在住約30年。デザイナー関係の仕事をする傍ら日本の文化の拠点を作ろうと、日本のアニメ、ビデオ、本、民芸品を中心にこれまでやってこられた。最近は日本の食品の需要が増えミラノで食品関係の勉強をし直し、日本のスーパー並みの食材を揃えていた。訪れた当日は東日本大震災の起こった直後で、もうこのお二人は支援のための準備をしていて梅津さんの和太鼓やその他日本文化のイベントを通して義援金を日本に送る計画中。
その情熱に頭が下がる思いです。ぜひ「ミラノ 日本屋」で検索を!
RIMG2136_convert_20110417225530.jpg

RIMG2134_convert_20110421221802.jpg

RIMG2188_convert_20110417230240.jpg

この日のは留学時代の友人であり 今では海外と日本をつなぐ音楽マネージメントをしている堂満さんとの再会を果たした。夕食も招かれ手厚いイタリア料理と楽しい昔話で夜は更けていった。 
RIMG2150_convert_20110417230409.jpg

                                つづく・・・



04/17|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事へのコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

勝又晃

Author:勝又晃
テノール
国立音楽大学卒業。 田口興輔、故 中山純一、南條年章、松谷和紀、カルラ・ヴァンニーニ 各氏に師事。 日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター