オペラでは欠かせない実力派テノール歌手・声楽家、勝又晃です。私の活動内容や公演予定、そのほかに日々のつれづれなる出来事を紹介いたします。

勝又晃のホームページにも、いろいろな情報を掲載しておりますので、よろしくお願いします

先日、久しぶりに恩師のお宅にお邪魔しました。

恩師(生明慶二氏)は国際的に有名なダルシマー奏者のひとりであり、文化人類学者として音大で教鞭もとっておられるのです。
(*ダルシマーとはツィター属打弦楽器でアジアからヨーロッパ、さらに北アフリカまで分布している楽器で、バチで叩いて演奏する。ピアノの先祖といわれている。)
音色は・・みんなが良く知っているところでは、『犬神家一族のメインテーマ』『魔女の宅急便』など。あれは全部、恩師の演奏です。しかし、ただの演奏家ではなく音楽関係者との交流も幅広く、ゴダイゴ、久保田早紀、坂本龍一氏等との仕事の話が面白い面白い。
日本では数少ない戦後日本の音楽界の生き字引的存在であることには間違いありません。

師匠

同席したのは、元「XIE-XIE!」「KOJIMA」BASSプレイヤーのチャー坊氏。
07/26|四方山話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事へのコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

勝又晃

Author:勝又晃
テノール
国立音楽大学卒業。 田口興輔、故 中山純一、南條年章、松谷和紀、カルラ・ヴァンニーニ 各氏に師事。 日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター